Go to Contents Go to Navigation

韓国単独の新演習に合わせNSC開催 実施状況確認=文大統領

記事一覧 2019.05.29 10:28

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日午前、災害や戦時など国家の危機状況への対応を点検する「乙支太極演習」に合わせ、青瓦台(大統領府)で国家安全保障会議(NSC)を開いた。

文大統領(資料写真)=(聯合ニュース)

 演習の状況を直接確認し、国を挙げた防衛態勢の重要性を強調する狙いがある。

 同演習は27日から4日間、韓国全国で実施され、官・民・軍から48万人以上が参加する。韓米両軍の合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)の廃止に伴い、韓国政府の「乙支演習」と韓国軍単独の指揮所演習「太極演習」を統合した新たな演習で、今回が初開催となる。

 NSCには李洛淵(イ・ナクヨン)首相や康京和(カン・ギョンファ)外交部長官、鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官、徐薫(ソ・フン)国家情報院長らが出席した。

 NSCに続き、閣議も開く。各官庁の演習実施状況を点検するとともに、国民の安全保障のため、万全を期すよう指示する見通しだ。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。