Go to Contents Go to Navigation

韓日 約8カ月ぶり国防相会談=交流正常化へ前進

記事一覧 2019.06.01 17:36

【シンガポール聯合ニュース】韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官と岩屋毅防衛相が1日午後、シンガポールで会談し、冷え込んでいる両国の国防交流の正常化などについて議論した。

握手を交わす鄭氏(左)と岩屋氏(国防部提供)=1日、シンガポール(聯合ニュース)

 会談はアジア安全保障会議(シャングリラ会合)に合わせて開かれ、約40分間行われた。

 鄭氏は会談後、記者団に対し、「韓日の国防協力に関連して良い話をした。哨戒機の近接威嚇飛行に関しても虚心坦懐(たんかい)に、率直に意見交換した」と説明。「両国が緊密に協力しながら、今後、こうしたことが再発しないよう(関係を)発展させていくことで一致した」と述べた。

 また、「韓国と日本は隣接した友好国として、国際社会で起こるあらゆることについて緊密に協力し、連携する必要がある」と強調した。

 韓日国防相会談は昨年10月以来となる。

 昨年10月、日本が自衛隊旗である旭日旗の掲揚問題で韓国・済州島で開かれた観艦式の海上パレードに参加せず、同年12月、韓国艦艇が日本の海上自衛隊哨戒機に火器管制レーダーを照射したとされる問題や海自哨戒機の韓国艦艇に対する威嚇飛行問題が浮上し、両国の軍事交流や協力関係は悪化の一途をたどってきた。

 今回の会談により、対話や交流正常化の道筋をつけたとの見方が出ている。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。