Go to Contents Go to Navigation

金正恩氏が軍関連公演を鑑賞 粛清説の金英哲氏も同席

記事一覧 2019.06.03 09:18

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は3日、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と夫人の李雪主(リ・ソルジュ)氏が前日に、軍人家族の芸術コンクール入賞者による公演を鑑賞したと報じた。粛清説が出ていた金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長も同席したことが分かった。

白い丸で囲った人物が金英哲氏。同氏から5人目が金正恩委員長=3日、平壌(朝鮮中央通信=聯合ニュース)

 一部の韓国メディアは、2月末の米朝首脳会談が物別れに終わったことから、対米交渉を担っていた金英哲氏に強制労働と思想教育の「革命化措置」が取られたと伝えていた。だが、朝鮮中央通信が公開した公演観覧の写真などでは、金委員長から5人目の席に金英哲氏がいることが確認できる。

 金英哲氏は対米・対韓業務を担当する統一戦線部長を兼任していたが、4月に開催された党中央委員会総会で同職はチャン・グムチョル氏に交代した。そのため、金英哲氏が成果を得られなかった米朝首脳会談の責任を取らされたのではないかという観測が消えずにいた。

 この日の公演観覧には、崔竜海(チェ・リョンヘ)最高人民会議常任委員長、党副委員長の李万建(リ・マンゴン)氏、朴光浩(パク・グァンホ)氏、金平海(キム・ピョンヘ)氏、李洙ヨン(リ・スヨン)氏ら党幹部が勢ぞろいした。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。