Go to Contents Go to Navigation

ステータス高まる韓国ファッション 秋冬シーズンの海外受注好調

記事一覧 2019.06.04 13:45

【世宗聯合ニュース】世界市場で韓国ファッションのステータスが高まりつつあり、海外進出の成果も出て来ている。韓国文化体育観光部と韓国コンテンツ振興院は4日、今年上半期に2019年秋冬シーズン向けのさまざまな国内ファッションデザイナー支援事業を実施し、総額660万ドル(約7億1000万円)の海外受注成果を収めたと発表した。

ニューヨークの韓国ファッション専門ショールーム「the selects」は今年2月、韓国ガールズグループのRed Velvet(レッドベルベット)とコラボしたコレクションを公開した(韓国コンテンツ振興院提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 韓国を代表するファッションデザイナーたちは上半期、ニューヨークファッションウイークと上海ファッションウイークの公式イベントとして行われたファッションショー「コンセプトコリア」で、現地市場に新シーズンのコレクションを紹介した。

 2月のニューヨークファッションウイークでソウルの都会的なセンスをコンセプトにランウェイを披露したブランド「LIE」と「IISE」、4月に上海で韓国のカジュアル・ストリートファッションのパワーを示したブランド「KYE」と「D―ANTIDOTE」が、総額140万ドルの海外販売実績を挙げた。

 コンセプトコリアは、国内デザイナーのブランドを海外の主要ファッション市場に紹介する目的でコンテンツ振興院が2010年から開催している。

 また、1月と2月のファッションウイーク期間に合わせて英ロンドンと仏パリでそれぞれオープンした期間限定のポップアップショールームには、「J.Won」「Tee Library」など11のデザイナーズブランドが参加。バイヤー約500人がショールームを訪れ32件の契約が成立し、「面白いデザインと競争力のある価格で韓国のデザイナーズブランドに注目するようになった」といった好評が寄せられた。

ロンドンファッションウイークに合わせて設置された韓国ファッションのポップアップショールーム(韓国コンテンツ振興院提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 このほか、「Ul:kin」「Used Future」など15の韓国デザイナーズブランドがコンテンツ振興院のサポートを得て海外の受注会に参加し、総額120万ドルを受注する成果を収めた。

 昨年9月には、ニューヨークに韓国ファッション専門の常設ショールーム「the selects」がオープン。韓国の有望ブランドが同所を拠点として海外現地での流通・販売に乗り出しており、一層の成果が期待される。

ニューヨークの韓国ファッション専門ショールーム「the selects」(韓国コンテンツ振興院提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。