Go to Contents Go to Navigation

[韓流]今月からカンヌ最高賞「寄生虫」の海外公開 日本でも

記事一覧 2019.06.04 17:12

【ソウル聯合ニュース】第72回カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の「寄生虫」(原題、英題パラサイト)が海外で順次公開される。

映画「寄生虫」を上映中のソウル市内の映画館=(聯合ニュース)

 配給会社のCJ ENMによると、同作は今月中にフランスを皮切りに香港、シンガポール、ベトナム、オーストラリア、ニュージーランド、台湾などで、7月にロシア、タイ、9月にチェコ、ポーランドで公開予定だ。

 北米での公開日は10月11日に決まった。10月はハリウッドの配給会社がアカデミー賞受賞を目指す作品を公開する「オスカーシーズン」でもある。

 海外メディアは「寄生虫」が韓国映画では初めてアカデミー賞にノミネートされる可能性を予測した。米紙ニューヨーク・タイムズは同作がアカデミー賞の監督賞や脚本賞にノミネートされる可能性があるとの見通しを示した。

 スペイン、ハンガリー、イタリアなど欧州に続き来年1月には日本でも公開される。

 同作は全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描いた。貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品で、共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。

 韓国では先月30日の公開から5日で観客動員数が374万人を記録した。

 韓国での公開前から192カ国・地域に販売され、韓国映画の海外販売歴代1位を記録した。

 また、リメーク作品の製作に関する提案も相次いでいる。CJ ENMの関係者は「リメークの権利に関する問い合わせが殺到している」と話している。

映画「寄生虫」のワンシーン(CJエンターテインメント提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。