Go to Contents Go to Navigation

ホークスなど日本プロ野球関係者 韓国球場のIT技術を視察へ

記事一覧 2019.06.06 14:39

【ソウル聯合ニュース】日本のプロ野球チーム、福岡ソフトバンクホークスと日本野球機構(NPB)が韓国プロ野球、KTウィズの本拠地であるソウル近郊の水原ktウィズパークを訪問することが、6日分かった。

ITを活用したサービスについて説明するKTウィズの関係者(球団提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 ホークスは7日、NPBは9日に同地を訪れるという。

 KTによると、ホークスのIT(情報技術)・マーケティング関係者はスマートオーダー(球場内の飲食物をアプリで注文し、観客席で受け取れるサービス)など観客向けのIT関連サービスや、次世代通信規格「5G」を活用したメディアサービスを提供する「5Gスタジアム」を視察する。また、NPBと北海道日本ハムファイターズ、千葉ロッテマリーンズのマーケティング担当者らは、5GスタジアムなどITの新技術導入事例を確認する予定だ。

 5月にも東北楽天ゴールデンイーグルスの関係者が同球場を訪れ、アプリでチケットの購入と発券を同時に行い、専用ゲートから入場できるスマートチケットのサービスを視察した。楽天はKTウィズと技術協力を行う方向で協議中だ。

 また、楽天はKTウィズが夏に開催する「ウオーターフェスティバル」に関心を示し、ウオーターキャノン(大型水鉄砲)の導入などについて協力を要請した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。