Go to Contents Go to Navigation

ドナウ川遊覧船沈没から10日 船体引き揚げ準備と捜索続く

記事一覧 2019.06.07 09:03

【ブダペスト聯合ニュース】ハンガリーの首都ブダペストのドナウ川で韓国人観光客が乗った遊覧船が沈没した事故の発生から10日を迎える7日(現地時間)、現地では沈没した船体の引き揚げ準備と行方不明者の捜索が続けられる。

現場では船体引き揚げの準備が進められている=6日、ブダペスト(聯合ニュース)

 ハンガリー当局はこの日も、ドナウ川に架かるマルギット橋の下に沈む船体に引き揚げ用のワイヤをつなぐ作業を進める。船体のぐらつきや川の速い流れにより行方不明者の遺体が新たに見つかる可能性があるとみて、警備艇とゴムボートを待機させる予定だ。

 ドナウ川下流を中心に陸と水中、空からの捜索も続く。韓国の事故対応チームは前日に、下流50キロまでだった捜索範囲を100キロまで拡大した。隣接する国から捜索犬も借り、行方不明者の捜索作業を強化する計画だ。

 6日には沈没地点から下流へ5.8キロと40キロの地点でそれぞれ、韓国人とみられる2人の遺体が収容された。このうち1人は遊覧船に乗っていた60代の韓国人男性と分かった。

 事故は先月29日夜に起きた。韓国人観光客とガイドの33人とハンガリー人乗務員2人の計35人が乗船した遊覧船がクルーズ船に追突され、沈没。韓国人7人が事故直後に救助され、当日に韓国人7人の死亡が確認された。その後、行方不明者の遺体が相次いで見つかり、6日夜までに身元が確認された韓国人の死者は計18人、行方不明者は8人(身元確認中の1人を含む)となっている。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。