Go to Contents Go to Navigation

駐韓米国大使「米朝関係を変える措置ある」=韓日関係改善も呼びかけ

記事一覧 2019.06.07 18:51

【ソウル聯合ニュース】米国のハリス駐韓大使は7日、ソウル市内で行った講演で、米国は北朝鮮との関係を変える具体的な措置を進める準備ができていると述べた。

ハリス氏(資料写真)=(聯合ニュース)

 ハリス氏は「米国は今も非核化と並行し、米朝関係を変化させ、朝鮮半島に恒久的で安定した平和体制を樹立するための具体的な措置を進める準備ができている」と説明。北朝鮮が先月ミサイル発射を行ったが、トランプ大統領は金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)に手を差し出しており、対話と交渉の扉は今も開いていることを明確にしていると強調した。 

 また、「米国にとって重要な同盟国である日本の話をせざるを得ない」とし、「今の現実は、この地域のあらゆる重要な安全保障や経済に関する事案は韓国と日本の両国の積極的な関与なしには解決できないということ」と指摘。「米国は今後も北朝鮮に対し、非核化という約束と義務を履行しなければならないという一貫したメッセージを送り、韓国と日本との3者協力の強化に強い意思を持っている」と話した。

 その上で、韓日両国の関係が北朝鮮問題などを巡る韓米日3カ国の連携を弱めないようにすることが大変重要とし、「共に協力できることを期待する」と述べ、韓日関係の改善を促した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。