Go to Contents Go to Navigation

[韓流]カンヌ最高賞「寄生虫」 650万人超え=リピーター多く

記事一覧 2019.06.09 09:55

【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の「寄生虫」(原題、英題パラサイト)が韓国で観客動員数650万人を突破した。近く700万人を超えると予想される。

ソウル市内の映画館(資料写真)=(聯合ニュース)

 映画振興委員会の集計によると、同作は8日に63万7677人を動員し、ランキング1位を維持している。延べ観客数は651万2669人。

 同作は、家族全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く。貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品で、共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。

 5月30日に韓国で封切られた。勢いはやや落ちたものの、映画に盛り込まれた隠喩や象徴を解釈するため、再び映画館に足を運ぶリピーターが多く、近く700万人を突破する見通しだ。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。