Go to Contents Go to Navigation

韓国経済 全般的な不振続く=政府系機関

経済 2019.06.10 16:12

【世宗聯合ニュース】韓国の政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)は10日発表した「経済動向6月号」で、最近の韓国経済について「生産がやや拡大したが輸出を中心に不振が続いている」との見方を示した。

釜山新港(資料写真)=(聯合ニュース)

 その上で、内需が鈍化する中、輸出の萎縮が続くなど全般的に景気が振るわない状態が続いていると判断した。

 KDIは昨年11月から今年3月まで「景気鈍化」の判断を示したが、4月から2カ月連続で「不振」の判断を維持した。産業生産はやや拡大したが、内需鈍化、投資・輸出の不振などほかの指標が全て振るわず全般的な景気低迷につながったと分析した。

 4月の全産業の生産増加率は0.7%で、前月(マイナス0.5%)より改善した。半導体と自動車を中心に鉱工業生産の減少幅が縮小し、社会福祉・保健サービスを中心にサービス業生産の増加幅が拡大した。

 4月の消費については、「小売販売額の増加率が縮小し、民間消費は緩やかに鈍化している」と分析した。消費を意味する小売販売額の増加率は4月に1.4%と、1~3月期の平均値(1.7%)より増加幅が縮小した。ただ、サービス業生産指数の増加率は前月(0.8%)より高い1.5%だった。

 5月の輸出額は前年同月比9.4%減少し、前月(同2.0%減)より減少幅が拡大した。KDIは「世界景気の鈍化傾向が続いていることにより半導体、石油類などを中心に減少幅が拡大した。半導体など主要品目の減少傾向が続き輸出が振るわない」と説明した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。