Go to Contents Go to Navigation

金大中氏妻の李姫鎬さん死去 北から弔問か=韓国統一部「まだ通知なし」

記事一覧 2019.06.11 13:59

【ソウル聯合ニュース】南北関係の改善に努めた韓国の故金大中(キム・デジュン)元大統領の妻、李姫鎬(イ・ヒホ)さんが10日深夜、老衰のため死去したことについて、統一部当局者は11日に記者団に対し、今のところ北朝鮮から弔問団派遣などの通知は届いていないと明らかにした。

統一部(資料写真)=(聯合ニュース)

 また、「現時点で弔問団が来る可能性を予断を持って話すことは適切ではない」と述べた。

 李さんは2000年の南北首脳会談の際、金大中氏に同行し平壌を訪問。11年12月に北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去した際は弔問のため訪朝し、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と面会した。15年8月にも金委員長の招きで北朝鮮を訪れた。

 北朝鮮は金大中氏が死去した2009年8月18日の翌日、「金大中平和センター」宛てに「特使弔意訪問団」を派遣するとの通知文を送った。

 当時は北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会と同センターがファックスのやり取りで弔問団の派遣問題を議論したとされる。

 特使団は朝鮮労働党の金己男(キム・ギナム)書記や金養建(キム・ヤンゴン)党統一戦線部長ら当時の党幹部らで構成され、同月21日に特別機でソウルに到着。李明博(イ・ミョンバク)大統領とも面会した。1泊2日だった日程が1日延長された。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。