Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(6月12日)

社会・文化 2019.06.12 10:27

◇サッカーW杯U20韓国 初の決勝進出

サッカーのU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)ポーランド大会は11日(日本時間12日未明)、準決勝が行われ、韓国は1-0でエクアドルに勝利し、初の決勝進出を果たした。前半39分にDFチェ・ジュン(延世大)がゴールを決めた。韓国は15日(同16日未明)の決勝でウクライナと対戦する。

試合終了後、決勝進出を喜ぶ韓国選手団=11日、ルブリン(聯合ニュース)

◇文大統領がノルウェー訪問 きょうオスロ大で演説

 国賓として北欧3カ国を歴訪中の韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日(現地時間)、ノルウェーの首都オスロに到着した。韓国大統領がノルウェーを国賓訪問したのは初めて。2012年に当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領が公式訪問しオスロ大で演説した。2000年には金大中(キム・デジュン)大統領がノーベル平和賞受賞のため同国を訪れている。文大統領は12日、オスロ大で開かれるフォーラムで朝鮮半島の平和をテーマに演説を行う。演説の中で、朝鮮半島平和プロセスの進展に向けた構想を発表するとみられ、関心が集まっている。

◇サムスントップ側近が検察で17時間聴取 粉飾会計事件で

 サムスングループの医薬品受託製造会社、サムスンバイオロジクスの粉飾会計事件で、証拠隠滅に加わった疑いがもたれている鄭賢豪(チョン・ヒョンホ)サムスン電子社長が検察から17時間以上におよぶ事情聴取を受けた。グループの経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長の最側近とされる鄭氏は11日午前8時50分ごろにソウル中央地検に出頭し、12日午前2時半ごろ地検を後にした。報道陣の問い掛けには答えなかった。検察は昨年5月にサムスン首脳部が立てた証拠隠滅計画とその後の実行過程に鄭氏がどれだけ関与したかを聴取した。

◇公営企業の平均年俸 昨年は韓国馬事会がトップ

 国内の公営企業のうち、昨年の社員の平均年俸が9000万ウォン(約830万円)を超えた企業は3社だったことが12日、分かった。就職情報サイトのジョブコリアが公共機関経営情報公開システムに公示された公営企業36社の正社員の現況を分析した結果、韓国馬事会の社員の平均年俸が9209万ウォンで最も高かった。仁川国際空港公社(9048万ウォン)、韓国電力技術(9011万ウォン)も9000万ウォンを超えた。

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。