Go to Contents Go to Navigation

[韓流]カンヌ最高賞の「寄生虫」 フランスで公開初週に観客25万人超

記事一覧 2019.06.12 11:01

【ソウル聯合ニュース】カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールを受賞したポン・ジュノ監督の韓国映画「寄生虫」(原題、英題パラサイト)が、フランスでも多くの観客を集めている。

「寄生虫」のポスター(CJ ENM提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 配給会社のCJ ENMによると、同作は5日にフランスで公開され、9日までの5日間の観客動員数は延べ25万9737人だった。同国で封切られた韓国映画としては、公開初週の最高記録だ。これまでの初週の最高記録は同じポン監督の「スノーピアサー」(23万5371人)だった。

 また、「寄生虫」は同じ日に封切られた「X-MEN:ダーク・フェニックス」に次いでフランスの観客動員ランキングで2位をマーク。「X-MEN」は同期間に49万8000人の観客を集めた。

 「X-MEN」は597スクリーンで公開された一方、「寄生虫」の上映スクリーン数は179だった。そうした状況での2位入りとあって、一層注目を集めている。CJ ENMの関係者は、現地での反響が大きく、「寄生虫」は今週中にスクリーン数が300以上に増える予定だと伝えた。

 「寄生虫」は、家族全員が無職のキテク(ソン・ガンホ)一家の長男(チェ・ウシク)が、家庭教師の面接のためにパク社長(イ・ソンギュン)の家を訪れたことから始まる予期せぬ事件を描く。貧富の差という普遍的な問題を取り上げた作品で、共生できず、寄生するしかない社会の構造に対する問題意識を、ブラックコメディーという形で浮き彫りにした。

 韓国では先月30日に封切られ、今月12日に延べ観客数が740万人を突破した。

tnak51@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。