Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(6月13日)

記事一覧 2019.06.13 10:58

◇ドナウ川遊覧船事故の不明者か 下流で遺体見つかる

 ハンガリーの首都ブダペストのドナウ川で韓国人観光客が乗った遊覧船が沈没した事故の現場から約82キロ下流で12日午後(現地時間)、アジア人とみられる遺体が見つかった。韓国政府の合同対応チームによると、韓国側はハンガリー当局とともに、事故の行方不明者の遺体なのか確認を進めている。

沈没した遊覧船は11日に引き揚げられた(韓国政府の合同迅速対応チーム提供、転載・転用禁止)=12日、ブダペスト(聯合ニュース)

◇文大統領「ノルウェーのように平和への歩み止めない」

 ノルウェーを国賓訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日(現地時間)、ノルウェーの国王ハーラル5世主催の晩さん会に出席した。文大統領は朝鮮半島の完全な非核化と平和定着に向けた取り組みに対するノルウェーの支持に感謝の意を伝えた後、「ノルウェーが平和を目指し根気強く歩んできたように、われわれもまた平和への歩みを止めない」と述べた。また、「ノルウェーと韓国は共通点が多い。開放と交易を通じて半島国家の限界を乗り越え、運命を切り開いた」と言及した。

◇主要上場企業の人件費が1年で6.4%増 従業員増加率の4倍

 企業情報を分析する韓国CXO研究所によると、韓国の主要上場企業1000社の従業員数は2018年末に計132万7383人で、1年前に比べ1.6%増えた。一方、1000社の人件費は1年間で6.4%膨らんだ。これは従業員増加率の4倍となる。同研究所は「ここ数年、人件費が大幅に増えたが、増加分は新たな雇用創出というよりは既存の社員にさらに高い給与を支払うことに使われている」と分析した。

◇景福宮再建を記録した資料 初めてハングルに

 ソウル市のソウル歴史編纂(へんさん)院は13日、朝鮮王朝時代の王宮、景福宮の再建の詳細を記録した資料「景福宮営建日記」を初めてハングルに直して刊行すると発表した。景福宮再建に関し同資料以上に具体的、かつ正確な資料はないという。景福宮は高宗時代の1865年から68年にかけて再建され、「営建日記」はその実務を担った下級官吏が漢字で記録したもの。原本は20世紀初めに日本の歴史学者の吉田東伍が日本に持ち込み、現在は早稲田大が所蔵している。ソウル歴史編纂院は昨年、東京学芸大の君島和彦名誉教授の手助けでその存在を知り、ハングルへの翻訳に取り組んできた。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。