Go to Contents Go to Navigation

6月中の南北首脳会談 「物理的に不可能でない」=文大統領

記事一覧 2019.06.13 19:48

【オスロ聯合ニュース】ノルウェーを国賓訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は13日(現地時間)、6月中に南北首脳会談が開催される可能性について、「6月中に開催できるか分からないが、南北が短期間の協議で首脳会談をした経験があるため物理的に不可能ではない」と話した。ノルウェーのソルベルグ首相との首脳会談後に行われた共同記者会見で述べた。

ソルベルグ首相との首脳会談後に行われた共同記者会見で発言する文大統領=13日、オスロ(聯合ニュース)

 文大統領は前日、オスロ大で行った演説後の質疑応答で、トランプ米大統領の6月末の訪韓前に金委員長と会うのが望ましいと表明。「会うかどうかや、会う時期について決定するのは金委員長の選択」とも述べた。

 文大統領は「昨日申し上げたように私は時期、場所、形式を問わず、いつでも対話に応じる準備ができている」とし、時期を選択するのは金委員長であると強調した。

 また金委員長が先ごろトランプ大統領に送った親書の内容については「米国からおおよその内容を聞いている」とし、「親書にはトランプ大統領が発表していないとても興味深い内容が含まれている」と紹介。その上で、「ただトランプ大統領が発表したこと以上の内容について私が先に話すことはできない」と伝えた。

 朝鮮半島平和プロセスのために最も必要なものについては、「最も重要な鍵であり、核心は北の非核化の実質的進展」とし、「対北制裁が解除されるには北の非核化に実質的な進展がなければならない」との立場を明らかにした。

 文大統領は「南北は軍事的な敵対行為を中断し、武力の使用も相互に禁止するなど軍事的緊張が大幅に緩和された。朝鮮半島を分断していた非武装地帯(DMZ)も平和地帯に転換されており、同時に人道的な交流と支援も続くだろう」と説明した。 

 その上で「ただ南北関係がしっかりと発展していくには開城工業団地の再稼働をはじめとする様々な経済協力につながるべきだが、そのためには国際的な経済制裁の解除がされてこそ可能」とし、経済制裁の解除には北朝鮮の非核化に実質的な進展が必要と述べた。 

 文大統領は「そのような状況ができるだけ早期に作られるように努力するのがわが政府のすべきこと」と強調した。

 ソルベルグ首相は非核化と平和体制と関連し、「地域だけでなく全世界にとって重要だ。北朝鮮が核兵器の開発を完全に終え、弾道ミサイルの完全な技術を取得すれば地域のバランスと世界のバランスが壊れる」とし、「このような部分で文大統領の役割が重要だ」と話した。 

yugiri@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。