Go to Contents Go to Navigation

サムスンがAI処理用NPU事業強化 システムLSI世界一目指し

IT・科学 2019.06.18 11:41

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子は18日、2030年までに人工知能(AI)処理専用のプロセッサ「ニューラルネットワーク・プロセッシング・ユニット(NPU)」分野の人員を現在の10倍以上の2000人程度に増やし、NPUの技術開発に総力を挙げると表明した。NPU事業を中心にシステムLSI(大規模集積回路)世界1位を狙う。

サムスン電子はAI時代に備え、NPU事業に注力する(コラージュ)=(聯合ニュース)

 NPUはいくつもの演算を同時に処理し、AI処理速度を高める。

 サムスン電子は自社のNPU技術力を強化しようと、システムLSI事業部とサムスン総合技術院で先行研究と製品開発を進めてきた。昨年、一つの半導体チップに全ての機能をまとめたシステム・オン・チップ(SoC)内にNPUを搭載し、モバイルデバイス向けのプロセッサ「エクシノス9(9820)」として初披露した。

 今後、NPUの活用をモバイル、車載電装、データセンター、モノのインターネット(IoT)などITのあらゆる分野に広げる計画だ。

 システムLSI事業部のカン・インヨプ社長は「NPU事業の強化により、この先のAI時代で主導権を握る」と意気込みを示した。 

サムスン電子が昨年公開したプロセッサ「エクシノス9(9820)」(同社提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。