Go to Contents Go to Navigation

習主席 訪朝前に北朝鮮紙へ異例の寄稿「地域の平和に寄与」

記事一覧 2019.06.19 08:53

【ソウル聯合ニュース】中国の習近平国家主席の訪朝を翌日に控えた19日、北朝鮮・朝鮮労働党機関紙の労働新聞は習氏の寄稿を掲載した。習氏は「われわれは朝鮮(北朝鮮)側、および該当側と共に意思疎通と調整を強化し、朝鮮半島問題を巡る対話と交渉が進展するよう共同で推進することで、地域の平和と安定、発展と繁栄へ積極的に寄与していく」と強調した。中国国家主席が訪朝を前に、北朝鮮メディアに寄稿して自身の立場を明らかにするのは異例。 

習近平国家主席(資料写真)=(ロイター=聯合ニュース)

 金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の招きで訪朝する習氏は「中国側は朝鮮側が朝鮮半島問題を政治的に解決する正しい方向を堅持していることを支持し、対話を通じ朝鮮側の合理的な関心事を解決することを支持する」と述べた。また、「戦略的な意思疎通と交流を強化し、互いに学びながら伝統的な中朝親善に新たな内容を与えることになる」とした。 

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。