Go to Contents Go to Navigation

大韓航空 B787を計30機導入へ=投資額1兆円規模

記事一覧 2019.06.19 10:07

【ソウル聯合ニュース】韓国の大韓航空が米航空機大手、ボーイングの新型旅客機「B787」30機を新たに導入することが19日、分かった。

B787―9(大韓航空提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 大韓航空を中核とする財閥、韓進グループの趙亮鎬(チョ・ヤンホ)前会長の死去により、長男の趙源泰(チョ・ウォンテ)大韓航空社長がグループ総帥に就任してから初の大規模な航空機導入決定で、機種の近代化や中・長距離路線の競争力強化のための布石と受け止められる。

 航空業界によると、大韓航空はフランスで開かれたパリ国際航空ショーに参加し、ボーイングと「B787―10」20機、「B787―9」10機の計30機を導入する内容の了解覚書(MOU)を締結した。

 B787―10は10機をリース方式で導入し、残りは購入する。

 購入する20機の価格は約7兆5000億ウォン(約6930億円)で、10機のリース費用も含めると投資額は計11兆5000億ウォン(約1兆600億円)に上る。

 B787―10はボーイングの最新モデルで、最大330人の乗客が搭乗できる長距離中型機だ。韓国の航空会社が同モデルを導入するのは初めて。

 大韓航空はB787―9を2020年から、B787―10を21年から順次就航させる計画だ。

 同社は17年にB787―9を初めて導入し、現在10機を保有している。今回の追加導入で、ドリームライナーと呼ばれるB787シリーズは計40機規模となる。

 趙源泰社長は「燃費が大きく向上し、乗客と貨物をさらに多く輸送できるB787―10は、B787―9と共に大韓航空の中・長距離路線で中心的な役割を果たすことになる」と述べた。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。