Go to Contents Go to Navigation

北朝鮮船員4人とも民間人 2人は亡命目的で韓国入り=軍当局

政治 2019.06.19 12:35

【ソウル聯合ニュース】韓国北東部の江原道・三陟港で15日に発見された北朝鮮漁船は、9日に北朝鮮北東部の咸鏡北道を出発し、操業を装いながら南へ越境したことが分かった。乗っていた4人は全員が民間人だったという。韓国軍当局が19日、明らかにした。

15日、三陟港に着いた漁船(KBS提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 軍当局によると、小型木造船のこの漁船は9日に咸鏡北道から東海に出て、翌日に海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)の北側で操業していた漁船の群れと合流し、12日まで操業をしているように見せかけた。同日午後9時ごろにNLLを越え、南下した。

 13日午前6時ごろ、鬱陵島の東30カイリで停止。午後8時ごろ、天候悪化により流された。その後、最短距離にある陸を目指して進み、午後9時ごろ、三陟の東2~3カイリでエンジンを止めた。15日の日の出を待って三陟港に向かい、午前6時20分に防波堤近くの埠頭(ふとう)の先端に接岸した。

 同50分ごろ、散歩中の住民が警察当局に通報した。服装が変わって見える人に「どこから来たのか」と尋ねたところ、「北から来た」と答えたという。

 このうち1人は「ソウルに住むおばに電話したい」と言い、携帯電話を貸してほしいと頼んだ。この時、2人が防波堤に上がっていた。

 軍関係者は「4人のうち2人は最初から亡命する考えで出発したと話した」と伝えた。残り2人については「本人の意思で北に送還した」と説明した。

 漁船が三陟港に向かう際、海上には警備艦艇が配備されており、哨戒機P3Cも通常通り哨戒活動を行っていた。この関係者は、漁船の識別には限界があったと話している。

 韓国政府は18日、漁船に乗っていた4人のうち帰還の意向を示した2人を北朝鮮側に引き渡した。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。