Go to Contents Go to Navigation

昨年の難民申請1万6173人 前年比62.7%増=韓国

記事一覧 2019.06.20 21:58

【ソウル聯合ニュース】国連が定めた「世界難民の日」(6月20日)に合わせ、韓国法務部が20日に発表した資料によると、昨年、韓国で難民申請をした外国人は前年比62.7%増の1万6173人だった。1994年4月14日に難民申請の受付を始めてから最多となった。

2012年から18年までの難民申請者の数の推移(法務部提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 今年1~5月の難民申請者数は5421人だった。

 法務部は2013年7月に難民法が施行されたことで難民申請者数が急増したと分析した。

 1994年から2013年6月末までの20年間に難民申請をした人の数は計5580人で年間平均280人程度だったが、13年7月から18年までの5年6カ月での申請者数は4万3326人となり、年間平均で約7877人となった。

 昨年韓国で難民申請をした外国人の国籍は93カ国で、このうちカザフスタンが2496人(15%)で最も多かった。ロシア1916人(12%)、マレーシア1236人(8%)、中国1199人(7%)、インド1120人(7%)、パキスタン1120人(7%)と続いた。

 昨年の申請者のうち審査が完了したのは3879人。難民と認定されたのは144人で、人道的な理由で滞在を許可されたのは514人だった。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。