Go to Contents Go to Navigation

習近平主席 2日間の北朝鮮訪問終え帰国の途に

記事一覧 2019.06.21 16:00

【北京聯合ニュース】北朝鮮を国賓として訪問した中国の習近平国家主席が21日午後、1泊2日の滞在日程を終えて専用機で平壌から帰国の途に就いた。中国国営の中央テレビが報じた。

マスゲーム公演の会場で舞台に上がる金委員長(手前)と習主席=20日、平壌(新華社=聯合ニュース)《転載・転用禁止》

 習主席は20日正午ごろ平壌入り。歓迎行事に出席した後、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と首脳会談を行い、北朝鮮核問題や米朝対話、中朝関係などについて議論した。夜には金委員長主催の歓迎夕食会に出席し、共にマスゲーム公演を観覧した。21日には中朝親善の象徴である平壌市内の「朝中友誼(ゆうぎ)塔」を訪れたとされる。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。