Go to Contents Go to Navigation

[韓流]映画「神と共に」シリーズ 日本でも好調

芸能・スポーツ 2019.06.25 09:20

【ソウル聯合ニュース】韓国映画「神と共に 第一章:罪と罰」が、日本でも好調な滑り出しを見せている。配給会社のロッテエンターテインメントは25日、全国の42スクリーンで先月24日に封切られた同作の興行収入が、今月23日までに5100万円を記録したと伝えた。

「神と共に 第一章:罪と罰」の日本版ポスター(ロッテエンターテインメント提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 この作品は、同時期に日本で封切られた韓国映画「1987、ある闘いの真実」(9スクリーン)や「それだけが、僕の世界」(20スクリーン)を大きく上回る上映スクリーン数を確保した。

 ロッテエンターテインメントは「東京の映画館を中心に売り切れが続いている」とし、「韓国映画のファン層だけでなく、若い観客も多く訪れている」と伝えた。

 今月28日から日本で公開される続編「神と共に 第二章:因と縁」も、韓国映画としては異例の3500枚を超える前売り販売枚数を記録した。

 「神と共に」シリーズは韓国で計2668万人を動員し、台湾、香港などでも公開されてヒットした。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 芸能・スポーツ
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。