Go to Contents Go to Navigation

トランプ氏 非武装地帯で対北朝鮮メッセージ発信へ=韓国首相

政治 2019.06.27 14:29

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は27日、トランプ米大統領の訪韓(29~30日)に関連し、「(南北の)非武装地帯(DMZ)のとある場所で北に向けメッセージを発する見通しだ」と述べた。

シンポジウムであいさつする李氏=27日、ソウル(聯合ニュース)

 聯合ニュースと韓国統一部が共催したシンポジウムのあいさつで明らかにした。

 李氏は「北と米国の首脳は親書を交換し、相手に対する信頼を示している」として、「両国は今年2月の2回目の首脳会談後の膠着(こうちゃく)を打開する出口を模索しているとみられる」との認識を示した。

 また、「(昨年4月の南北首脳会談で署名された)板門店宣言や(9月の同会談で署名された)平壌宣言の履行は限定的だ。とりわけ、鉄道や道路をはじめとする経済協力事業は基礎工事や着工式のレベルを超えていない」と指摘。「鍵は非核化の進展やそれによる国連制裁(の緩和)」と述べた上で、「緩和のためには北の非核化が意味を持って進展しなければならない」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。