Go to Contents Go to Navigation

北東アジア港湾局長会議 11月に韓国・昌原で開催

記事一覧 2019.06.27 18:16

【昌原聯合ニュース】韓国、中国、日本の3カ国が参加する第20回北東アジア港湾局長会議および第20回北東アジア港湾シンポジウムが11月に韓国南東部の慶尚南道・昌原で開催される。27日に開かれた実務会議で3カ国が合意した。

 3カ国が持ち回りで開催する北東アジア港湾局長会議は、港湾関連の懸案を共有し、港湾の発展に向けた協力策を協議する。1995年から年1回開催された韓日港湾局長会議に2000年から中国が加わり拡大され、会議の名称も変わった。

 11月の会議には3カ国の港湾行政を担当する官庁の局長と職員、政府系研究機関や関連協会の関係者ら約300人が参加する。共同研究課題の発表、港湾局長会議、 北東アジア港湾シンポジウム、港湾視察などが予定されている。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。