Go to Contents Go to Navigation

韓国・インドネシア首脳会談 経済関係強化など協議

記事一覧 2019.06.28 15:11

【大阪聯合ニュース】主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)出席のため大阪を訪問している韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、インドネシアのジョコ大統領と首脳会談を行い、両国の協力強化について協議した。

握手を交わす文大統領(右)とジョコ大統領=28日、大阪(聯合ニュース)

 文大統領は、インドネシアが韓国政府の「新南方政策」の中核的なパートナーであり、両国関係が特別戦略的パートナー関係に格上げされるなど最上のレベルに発展したと評価した。

 両首脳は、両国が進めている包括的経済連携協定(CEPA)交渉を成功裏に済ませ、11月に予定されている韓国・東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議での交渉妥結宣言を目指すことで一致した。

 文大統領はインドネシアが重点を置いているインフラ事業で、優秀な技術と経験を備えた韓国企業が最上の協力パートナーになるだろうと述べた。ジョコ大統領に対し、自動車や乳製品などの分野での韓国企業進出に対する関心と支援を要請した。

 また、防衛産業分野でも、4月に韓国企業がインドネシアの潜水艦事業に参加するなど協力が拡大していることを意義深いと強調した。両国が進めている戦闘機共同開発事業の円滑な推進にも期待を示した。

 一方、文大統領は4月に再選を果たしたジョコ大統領に祝意を伝え、今後も両国の協力関係が深まるだろうと期待を示した。

 ジョコ大統領は、ASEANとの関係強化に対する韓国政府の意思を高く評価し、5年間の任期中に両国の友好協力関係のさらなる発展に向け努力することを呼び掛けた。

 両首脳は11月に釜山で開催される韓国・ASEAN特別首脳会議、メコン川流域国(ラオス、カンボジア、ミャンマー、ベトナム、タイ)の首脳との韓国・メコン首脳会議が、韓国とASEANの協力関係を充実させるとの認識で一致し、会議の成功に向けて協力することにした。

 両首脳は朝鮮半島情勢についても意見交換し、朝鮮半島の完全な非核化と恒久的な平和定着に向けても協力を続けることで一致した。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。