Go to Contents Go to Navigation

韓国 きょうのニュース(6月28日)

記事一覧 2019.06.28 18:00

◇北朝鮮核問題担当の韓米高官がソウルで協議 米朝対話の再開策議論

 北朝鮮核問題を巡る外交交渉の首席代表を務める韓国外交部の李度勲(イ・ドフン)朝鮮半島平和交渉本部長と米国務省のビーガン北朝鮮担当特別代表が28日午前、ソウルの外交部庁舎で協議を開いた。両氏は30日の韓米首脳会談で議論する北朝鮮関連の議題を調整するとともに、2月末の米朝首脳会談が物別れに終わって以降、膠着(こうちゃく)状態に陥った米朝対話の再開に向けた方策を集中的に話し合う計画だ。

対話する李度勲氏(右)とビーガン氏=28日、ソウル(聯合ニュース)

◇トランプ米大統領あす来韓 ソウルは厳戒態勢へ

 トランプ米大統領の韓国訪問(29~30日)に合わせ、警察はソウルで厳戒態勢を敷くなど全国的に警備体制を強化する。警察庁によると、警察は29日午前9時をもってソウルに最高レベルの非常令「甲号非常」を発令する。トランプ氏が訪問する行事会場や宿泊施設、移動経路などは警護区域に指定され、交通が一部規制される。

◇G20開幕 文大統領が首脳外交開始=プーチン氏と会談も

 主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪で開幕し、27日に現地入りした文在寅(ムン・ジェイン)大統領が本格的な多国間首脳外交を開始した。文大統領は「世界経済と貿易・投資」をテーマに行われる首脳会議の最初のセッションで発言し、政府の革新的包容国家の実現に向けた努力と成果を紹介する。また、この日夜にロシアのプーチン大統領と会談し、非核化交渉の進展に必要なロシアとの協力推進策について議論する。

◇仁川空港第2ターミナルでも国際免許発給 7月から

 道路交通公団は、来月1日に仁川国際空港第2ターミナルで国際運転免許発給センターの開所式を行うと発表した。新たにオープンする発給センターは平日午前9時から午後6時まで運営され、国際運転免許証の発給や運転免許適性検査の延期申請などの行政サービスを提供する。道路交通公団と警察庁は、昨年7月末から同空港第1ターミナルで発給センターを運営している。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。