Go to Contents Go to Navigation

韓日外相が大阪で急きょ会談 徴用訴訟問題を協議

記事一覧 2019.06.28 23:06

【大阪聯合ニュース】大阪での主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット、28~29日)に出席中の文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領に同行している康京和(カン・ギョンファ)韓国外交部長官が28日夜、河野太郎外相と会談した。

今年5月、パリで会談した河野氏(左)と康氏(写真共同取材団)=(聯合ニュース)

 韓国外交部によると、両氏はG20サミットの夕食会が終わった午後9時ごろから短時間会談した。韓日外相会談は当初の予定になく、急きょ行われた。

 韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題が両国関係に影を落としており、同問題について話し合った。康氏は外交部が今月19日に、日本側に伝えたと発表した強制徴用被害者の賠償に関する提案を受け入れるよう日本側に求めた。

 韓国側の提案は、韓日の企業による自発的な拠出金で財源を確保し、大法院の確定判決を受けた被害者に慰謝料を支払うというものだった。

 この提案は昨年10月末に大法院の確定判決が出て以来、韓国側が初めて示した「解決案」だったが、日本側はすぐに拒否している。

 河野氏は19日、韓国側の提案について、韓国の国際法違反の状態を是正することにならず、受け入れられないとの見解を示した。今回の会談でも拒否したとみられる。

sarangni@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。