Go to Contents Go to Navigation

トランプ氏 韓国から帰国の途に=現職米大統領で初の北朝鮮入境

記事一覧 2019.06.30 19:19

【ソウル聯合ニュース】韓国を公式訪問したトランプ米大統領は30日夜、2日間の日程を終え、ソウル南方の平沢にある在韓米軍の烏山空軍基地から専用機で帰国の途に就いた。

帰国前に在韓米軍空軍基地で演説したトランプ氏=30日、烏山(聯合ニュース)

 大阪での20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席後、29日に韓国入り。30日に午前には文在寅(ムン・ジェイン)大統領と会談し、北朝鮮の非核化問題や韓米同盟の強化策などを話し合った。午後には共同会見の後、文大統領と共に南北の軍事境界線に接する非武装地帯(DMZ)を訪問した。

 DMZにある軍の監視所などを視察した後、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)と板門店の韓国側施設「自由の家」で、事実上の3回目の米朝首脳会談を行った。会談前には金委員長と板門店の南北軍事境界線上で握手した後、共に北側に入ってから韓国側に移動した。

 トランプ氏は初めて北朝鮮に入った現職の米大統領となった。また、この日の韓米首脳のDMZ訪問で、史上初の南北・米首脳の「3カ国会合」が実現した。

 トランプ氏は金委員長との会談後、「きょうは歴史的瞬間だった。よい会談だったし、速度より正しい交渉を進めていく」と述べた上で、ポンペオ国務長官主導の下、2~3週間以内に実務チームを構成し、非核化を巡る米朝交渉を進める考えを明らかにした。北朝鮮に対する制裁緩和も交渉過程であり得ることも示唆した。

 今回の板門店会談は物別れに終わった2月のハノイでの米朝会談以降の不信と対立の解消につながり、朝鮮半島情勢の急変をもたらすきっかけになるとみられる。さらに、膠着(こうちゃく)状態に陥っていた非核化を巡る米朝交渉の進展に弾みがつくと予想される。

csi@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。