Go to Contents Go to Navigation

米朝首脳が「歴史的対面」 対話再開で合意=北朝鮮メディア

記事一覧 2019.07.01 06:57

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は1日、前日に板門店で金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)とトランプ米大統領が会談したことを伝えながら「両国は対話を再開することで合意した」と報じた。

板門店の軍事境界線をまたぐ米朝首脳=30日、板門店(聯合ニュース)

 同通信は両首脳の対面を「歴史的」と評価。訪韓中のトランプ氏の呼びかけで急きょ両首脳が会うことになったと伝えながら「1953年の(朝鮮戦争の)休戦協定から66年を経て朝米の最高首脳が分断の象徴である板門店で握手を交わすという驚くべき現実が起こった」と報じた。

 米朝首脳が会談したことにも言及。両首脳は朝鮮半島の緊張状態を緩和し、両国の不幸な関係を終わらせるために問題を解決することなどについて理解と共感を示したと伝えた。

 その上で、今後両国が緊密に連携し、朝鮮半島の非核化と新たな米朝関係に向けた突破口を開くために生産的な対話を再開することで合意したと報じた。

 同通信は米朝会談に先立ち、金委員長が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と対面したことについても触れ、「文大統領と喜んであいさつを交わした」と伝えた。

sarangni@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。