Go to Contents Go to Navigation

現代・起亜自の6月世界販売 ともに減少=4カ月連続

記事一覧 2019.07.01 17:08

【ソウル聯合ニュース】韓国の現代自動車は1日、6月の世界販売台数が37万8714台で前年同月比8.3%減少したと発表した。国内販売は同2.5%増の6万987台、海外販売は同10.1%減の31万7727台だった。

現代自動車と起亜自動車の本社=(聯合ニュースTV)

 子会社の起亜自動車も6月の世界販売台数は23万6229台で6.2%減少した。国内が7.8%減の4万2405台、海外が5.8%減の19万3824台だった。現代と起亜の世界販売台数は3月以降、減少を続けている。

 現代の国内販売はセダン部門で、中型の「ソナタ」が9822台、大型の「グレンジャー」が6652台、小型の「アバンテ」が5654台だった。スポーツタイプ多目的車(SUV)部門では「サンタフェ」が8192台で最も多く、小型の「コナ」が3634台、大型の「パリセード」が3127台と続いた。

 水素で走る燃料電池車(FCV)「NEXO(ネクソ)」は前年同月比で8倍以上となる478台を記録。過去最多販売となった。

 現代は6月の海外販売が10.1%減少したことについて、中国やトルコなどの新興市場での販売低下が影響したと説明。同月の海外販売が5.8%減少した起亜も、世界経済の不確実性拡大により中国など主な市場での産業需要減少が響いたとした。

 1~6月の実績では、現代は国内市場で38万4113台を販売し、前年同期比8.4%増加したものの、海外では174万3498台で7.6%減少し、全体では5.1%減の212万7611台となった。起亜は135万3011台で2.4%減少した。国内販売は9.3%減、海外販売は0.8%減少した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。