Go to Contents Go to Navigation

日本の輸出規制は「矛盾」 韓国与党が遺憾表明

記事一覧 2019.07.02 11:20

【ソウル聯合ニュース】韓国与党「共に民主党」の李仁栄(イ・インヨン)院内代表(国会対策委員長に相当)は2日の国会対策会議で、日本政府が韓国への半導体材料の輸出規制を強化することに対し「経済報復措置を取ることに深い遺憾を表明する」と明らかにした。「韓日関係の未来に悪手を打つ愚を犯さないよう願う」とも述べた。

会議で発言する李仁栄・院内代表=2日、ソウル(聯合ニュース)

 日本政府の規制強化は、韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題を巡る、韓国への事実上の報復措置とされる。

 李氏は「主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の議長国として自由、公平、無差別な貿易精神について述べた日本が、3日後に前言を翻した」として、輸出規制は日本企業にも大きな負担を与える行為であり、半導体規制の結果は自己矛盾をもたらすと強調した。

 その上で「長期的な側面から半導体部品・素材の技術開発と設備投資を増やし、国内半導体産業の成長エンジンの新たな道を設けるよう求める」とし、「国会も立法と財政的支援を惜しまない」と約束した。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。
お問い合わせ
聯合ニュース日本語版に関する記事やコンテンツ使用などについてのお問い合わせは( japanese@yna.co.kr )へ。 イベントなどの開催告知、取材要請、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報も同メールアドレスで受け付けています。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。