Go to Contents Go to Navigation

元韓日議連会長ら 国会議長要請で訪日へ=悪化した両国関係改善の糸口模索

記事一覧 2019.07.03 19:28

【ソウル聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題への事実上の対抗措置として、日本政府が半導体製造に必要な材料の韓国への輸出規制強化を発表した中、韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が超党派の韓日議員連盟で会長を務めた経験のある徐清源(ソ・チョンウォン)国会議員(無所属)と会合し、近く日本を訪問するよう要請したことが3日、分った。過去の歴史問題を巡る対立が経済分野にまで発展したことを受け、国会が超党派の議員団を構成し、冷え込んでいる両国関係を改善するための糸口を探る狙いがあるとみられる。

5月24日、国会で開かれた韓日議会外交フォーラムの発足式=(聯合ニュース)

 文氏は国会の韓日議会外交フォーラムの名誉会長で、徐氏が会長を務めている。

 政界関係者は聯合ニュースに対し、「韓日関係が外交的に良くない中、議会外交フォーラムが役割を果たすべきだという次元から訪日を計画している」として、「訪日の時期は具体的には決まっていないが、参議院選挙の後が有力だ」と述べた。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。