Go to Contents Go to Navigation

光州世界水泳 消防職員379人・消防車両38台配置

記事一覧 2019.07.04 14:55

【世宗聯合ニュース】韓国消防庁は4日、南西部の光州で12日に開幕する世界水泳選手権が安全に開催されるよう消防安全活動に乗り出すと発表した。

世界水泳選手権の選手村で3日、消防安全施設などの点検が行われた(消防庁提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 事故発生時に迅速に対応できるよう光州消防安全本部所属の消防職員379人と消防車両38台を競技会場、観覧席、選手村などに配置する。

 同本部は昨年7月から消防安全企画団を編成するとともに大会の消防安全対策を講じ、先月は関係機関との合同対テロ訓練、競技場と選手村の現場点検を実施した。

世界水泳選手権の会場の一つ、念珠総合体育館で先月4日に実施された対テロ総合訓練の様子=(聯合ニュース)

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。