Go to Contents Go to Navigation

光州世界水泳の選手村開村 開幕まで1週間

記事一覧 2019.07.05 15:04

【光州聯合ニュース】韓国南西部、光州で12日に開幕する世界水泳選手権の選手村の開村式が、5日に同地で行われた。この日から各国・地域の選手団の入村が始まる。

世界水泳の選手村の開村式=5日、光州(聯合ニュース)

 選手村はマンション25棟、1660室に約6000人を収容できる。今月末までの選手権大会と来月のマスターズ大会の期間中に運営される。車なら光州空港まで10分、高速鉄道(KTX)の光州松汀駅まで12分、大会のメイン競技場までは15分の場所にあり、アクセスに優れている。

 選手村は選手登録センターなどが入る国際エリア、選手団とメディア関係者がそれぞれ利用するエリアの計3エリアに分かれている。銀行や郵便局、免税店、医療センターなど、選手らのためのさまざまな設備を備える。

 仮想現実(VR)機器の体験スペース、タッチスクリーンを搭載した選手村の案内ロボットなど、先端技術を活用した設備も目を引く。また、噴水やミストシャワーなども設置して猛暑に備えている。

 世界水泳選手権の大会組織委員会は4日、国際水泳連盟(FINA)加盟国209カ国のうち、194カ国・地域から7507人がエントリーしたと発表した。うち参加選手は2639人。

 北朝鮮は締切日までにエントリーしなかったが、李庸燮(イ・ヨンソプ)大会組織委員長(光州市長)は開村式の祝辞で「12日の開幕日までに申請すれば北も参加できるよう、FINAとの協議を終えている」と述べ、北朝鮮の参加を重ねて促した。

世界水泳の選手村=5日、光州(聯合ニュース)

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。