Go to Contents Go to Navigation

ドジャース柳賢振が韓国人初の大リーグ球宴先発 1回無失点

芸能・スポーツ 2019.07.10 10:17

【クリーブランド聯合ニュース】米大リーグのオールスター戦が10日(日本時間)、オハイオ州クリーブランドで行われ、ナショナル・リーグの先発投手として登板したドジャースの韓国人左腕、柳賢振(リュ・ヒョンジン、32)が1回を1安打無失点に抑えた。

柳賢振(資料写真)=(AP=聯合ニュース)

 柳は韓国人投手で初めてオールスター戦で先発。韓国の野球史に新たな1ページを刻んだ。

 これまでにオールスター戦に出場した韓国出身の選手は、朴賛浩(パク・チャンホ、2001年)と金炳賢(キム・ビョンヒョン、02年)の両投手と、秋信守(チュ・シンス、18年)外野手がおり、柳は韓国人で4人目の出場となった。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。