Go to Contents Go to Navigation

米国が3カ国高官級協議に積極的 日本からは返答なし=韓国高官

政治 2019.07.12 09:27

【ワシントン聯合ニュース】訪米中の韓国青瓦台(大統領府)の金鉉宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は11日(現地時間)、記者団に対し、日本が半導体の製造に必要な材料の対韓輸出規制を強化し、両国の対立が深まっていることを巡り韓米日3カ国の高官級協議を開くことについて「韓国と米国は非常に積極的」として、「日本側からは返答がなく、建設的な方法を探りたい」と明らかにした。

記者団の質問に答える金氏(中央)=11日、ワシントン(聯合ニュース)

 また、「米国は両同盟国(韓国と日本)が協力し、建設的に解決することが望ましいと話した」として、「問題が長期化すれば米国にとっても望ましくないため、早期の問題解決を望むという立場を表明した」と述べた。米国が積極的な役割を担い、問題解決の糸口を見いだせるのか注目される。

 ただ、金氏は米国の仲裁などに関する具体的な議論があったかどうかについては「コメントしない」と言及を避けた。

 10日に米国入りした金氏はマルバニー米大統領首席補佐官代行と会談した後、議会関係者らと相次いで面会し、日本の輸出規制強化措置の不当性や韓国政府の立場を説明した。

 11日午後に米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と会談し、12日には米国家安全保障会議(NSC)のクーパーマン副補佐官らと会談するという。

 金氏は「米側も問題意識を理解し、韓米日がアジア太平洋地域で協力しなければならないため、問題解決に積極的に協力する意思を表明した」と明かし、「上院と下院も問題の深刻さを理解し、問題解決を政府と共に支援する考えを示した」と伝えた。

 韓国外交部の金希相(キム・ヒサン)両者経済外交局長が10日に訪米したのに続き、韓国産業通商資源部の兪明希(ユ・ミョンヒ)通商交渉本部長(次官級)が来週にも訪米する見通しで、韓国政府は問題解決に向けた外交を強化している。

kimchiboxs@yna.co.kr

ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。