Go to Contents Go to Navigation

来年の最低賃金は792円 前年比2.9%引き上げ=韓国

記事一覧 2019.07.12 08:55

【世宗聯合ニュース】労使双方の委員や有識者で構成する韓国の最低賃金委員会は12日、2020年度(1~12月)の最低賃金を前年比2.9%上昇の時給8590ウォン(792円)にすることを決めた。

最低賃金委員会での採決結果。経営者案が15票、労働者案が11票を獲得した=12日、世宗(聯合ニュース)

 経営者側は8590ウォン、労働者側は8880ウォンを要求し、採決の結果、経営者案に決まった。

 2.9%という上昇率は文在寅(ムン・ジェイン)政権下では最も低い。政権が発足した17年は18年度の最低賃金の16.4%引き上げを決め、19年度の最低賃金も10.9%引き上げた。ところが来年度の引き上げ率は1桁にとどまるとともに、10年度(2.8%)以来、10年ぶりの低水準となる。

 これまで政府と与党で繰り返し論じられてきた引き上げペースの調整が現実のものになったといえる。また、20年度までに最低賃金1万ウォンを実現するという政府の公約は頓挫する公算が大きい。

 引き上げ率のペースダウンは労働者側の強い反発を招くと予想される。

 最低賃金委員会はこの日決まった案を雇用労働部長官に提出する。同長官が来月5日までに来年度の最低賃金を告示すれば、来年1月1日に効力が発生する。

来年の最低賃金が8590ウォンに決まった=(聯合ニュース)

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。