Go to Contents Go to Navigation

戦略物資の北朝鮮流出「疑われるなら相互検証を」=韓国首相

記事一覧 2019.07.12 14:38

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は12日、国会の予算決算特別委員会に出席し、日本で韓国がフッ化水素などの戦略物資を北朝鮮に流出したとの見方が出ていることについて、「そのようなことはない。現在としては疑いの余地がない」として、「互いに不信を刺激するより、疑われるなら相互検証をし、信頼を回復することが急がれる」と答弁した。

国会で答弁する李氏=12日、ソウル(聯合ニュース)

 李氏は11日にも国会で韓国は北朝鮮に戦略物資を流出していないと答弁した。

 同氏は「国連の制裁委員会が厳重に点検しており、制裁委は韓国が国連の対北制裁を忠実に履行していると評価している」と説明。野党「正しい未来党」の河泰慶(ハ・テギョン)国会議員が日本の安全保障貿易情報センターの資料として、過去に日本からフッ化水素などの戦略物資が北朝鮮に密輸出されていたと発表したことを取り上げ、「むしろ日本が原料を北に輸出したという証拠資料が出た」と指摘した。

 また、「21日に参議院選挙が実施されるが、それが終わったからといって日本が(輸出規制措置を)手のひらを返すように(撤回)する可能性は高くない」とし、「(日本が措置を)いつ撤回、または緩和するかが問題」との認識を示した。

kimchiboxs@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。