Go to Contents Go to Navigation

韓日貿易当局 輸出規制巡り初会合=握手・あいさつもなし

社会・文化 2019.07.12 16:41

【東京聯合ニュース】日本が韓国に対する輸出規制を強化したことを巡り、韓国産業通商資源部と日本の経済産業省の当局者は12日、東京の経産省で初の実務協議を開いた。

協議に臨む両国の関係者=12日、東京(共同取材団=聯合ニュース)

 両国の当局者の接触は、日本政府が4日にフッ化水素(エッチングガス)などの半導体・ディスプレー材料3品目の韓国への輸出規制強化に踏み切って以来、今回が初めて。

 協議には韓国から産業通商資源部の全賛洙(チョン・チャンス)貿易安保課長とハン・チョルヒ東北アジア通商課長が、日本から経済産業省の岩松潤貿易管理課長と猪狩克朗安全保障貿易管理課長が出席した。

 協議に先立ち、出席者が発言する前に席に座っている姿が1分だけ報道陣に公開されたが、握手など友好を示す様子は一切見られず、双方は硬い表情のままあいさつも交わさずに正面を見つめていた。

協議に出席するため羽田空港に到着した全賛洙氏とハン・チョルヒ氏=12日、東京(聯合ニュース)

 韓国が「協議」との立場を示しているのに対し、日本は「説明会」とするなど、双方の隔たりは大きい。

 この日の協議で、韓国側は日本が韓国を狙い撃ちして輸出規制を強化した理由について説明を求める方針だ。また、日本が輸出規制の理由として一部品目を北朝鮮に横流しするなど韓国の輸出管理の不適切性を持ち出したことに対し、明確な根拠を提示するよう要求するとみられる。

 これに対し、日本側は韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じた強制徴用訴訟問題に対する報復措置ではなく、韓国政府の貿易管理に問題があるために取った措置だとするこれまでの説明を繰り返すと予想される。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
最新ニュース 社会・文化
more
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。