Go to Contents Go to Navigation

韓国政府 世界記憶遺産センター設立の協定締結

記事一覧 2019.07.14 14:04

【ソウル聯合ニュース】韓国政府は12日(現地時間)、パリの国連教育科学文化機関(ユネスコ)本部で、ユネスコ傘下の「世界の記憶(世界記憶遺産)」センターの韓国設立に向けた協定を締結した。行政安全部の国家記録院が14日、明らかにした。

協定締結後に記念撮影する関係者たち(行政安全部提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 協定には同センターの役割や人員、財源などを確定する内容が盛り込まれた。2017年のユネスコ第39回総会で忠清北道清州市に設立することが決まった同センターは、ユネスコの記憶遺産(現在427件)に対する管理や研究・教育・政策開発の役割を担う。

 国家記録院の李昭姸(イ・ソヨン)院長は「センター設立を契機に記録分野の先進国として韓国の立場を強化し、記憶遺産の全般にわたり実質的な影響力を高めることを期待する」とコメントした。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。