Go to Contents Go to Navigation

米国務次官補が今夕来韓 輸出規制など韓日関係への発言あるか

記事一覧 2019.07.16 09:11

【ソウル聯合ニュース】米国務省で東アジア・太平洋を担当するスティルウェル次官補が16日夜、韓国を訪問する。17日午前に青瓦台(大統領府)を訪ねた後、午後は康京和(カン・ギョンファ)外交部長官を表敬訪問するようだ。また、カウンターパートの尹淳九(ユン・スング)外交部次官補、北朝鮮核問題の交渉を担当する李度勲(イ・ドフン)外交部朝鮮半島平和交渉本部長とそれぞれ会うとみられる。

スティルウェル国務次官補(資料写真)=(聯合ニュースTV)

 日本の対韓輸出規制強化により韓日の溝が深まる中、米国は事態の悪化を防ぐため働き掛けるという姿勢を示しており、スティルウェル氏が韓国訪問中にこの問題に関しメッセージを発信するか、関心が集まる。

 韓日間ではまた、強制徴用を巡り韓国大法院(最高裁)が日本企業に賠償を命じる判決を出した問題で、日本政府が韓国政府に対し設置を要請していた仲裁委員会の第三国の委員を選ぶ期限が18日に迫っている。同期限までに韓国が前向きな回答を示さなければ、日本が新たな報復措置に踏み切ることもあり得るとされる。

 スティルウェル氏は日本(11~14日)とフィリピン(15~16日)に次いで韓国に18日まで滞在した後、タイへ出発する予定だ。

mgk1202@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。