Go to Contents Go to Navigation

韓国・議政府市が日本の友好都市訪問中止 輸出規制受け国民感情考慮

記事一覧 2019.07.16 15:51

【議政府聯合ニュース】韓国の京畿道議政府市は16日、日本政府による対韓輸出規制強化に伴う国民感情を考慮し、友好都市である新潟県新発田市の訪問を取りやめたと発表した。

議政府市のロゴ(資料写真)=(聯合ニュース)

 議政府市は今月27日から30日にかけ、同市体育会とともに約70人で新発田市を訪れ、剣道や柔道、卓球などのスポーツ交流イベントを行う予定だった。安炳龍(アン・ビョンヨン)市長ら一部は現地に残り、8月3日までかけてスポーツ施設などを見学する計画も立てていた。

 安市長は「反日感情が高まり、政府も事態に神経を尖らせているため、訪問は不適切だと判断した」と理由を説明した。

 友好都市訪問の中止は過去にもあった。両市は1989年に友好都市協定を結び、毎年両国を交互に訪問してホームステイなどで交流を深めてきた。だが、2011年に日本の独島領有権主張などで反日感情が広がると、議政府市は新発田市の訪問を取りやめた。

 一方、京畿道坡州市も今月8日から姉妹都市の長崎県佐世保市などを訪れる計画だったが、輸出規制の強化で国内の反日感情が高まったことから中止した。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。