Go to Contents Go to Navigation

離陸準備終了から離陸まで平均11分18秒 前年より短縮=仁川空港

記事一覧 2019.07.16 16:42

【ソウル聯合ニュース】韓国国土交通部のソウル地方航空庁は16日、仁川国際空港を今年1~6月に離陸した航空機10万103機の「出発遅延時間」は平均11分18秒で、前年同期に比べ2分12秒(16.4%)短くなったと明らかにした。出発遅延時間は、航空機が離陸準備を終えて空港のボーディングブリッジ(搭乗橋)と切り離されてから、滑走路を通り実際に離陸するまでにかかる時間を指す。一般的に滑走路や航路が混雑していると、この時間が長くなる。

離陸する飛行機(資料写真)=(聯合ニュース)

 ソウル地方航空庁は、混雑時には仁川空港の滑走路3本のうち2本を離陸用として使用し、管制官が不要な遅延を減らそうと努めたことで、時間を大幅に短縮できたと説明している。

tnak51@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。