Go to Contents Go to Navigation

日本に輸出規制強化の撤回要求 協議促す=韓国経済副首相

記事一覧 2019.07.17 08:59

【ソウル聯合ニュース】韓国の洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官は17日、政府ソウル庁舎で開かれた経済活力対策会議で、日本が対韓輸出規制を強化したことについて、「対話の断絶により現在の状況が悪化することは韓日両国はもちろん、世界経済全体に決して望ましくない」として、「輸出統制措置を撤回し、協議に出ることを促す」と日本に呼び掛けた。

会議で発言する洪氏=17日、ソウル(聯合ニュース)

 洪氏は「日本は自由貿易秩序に基づいた世界貿易機関(WTO)協定の最大の恩恵を受けており、6月末に大阪で自由公正貿易、非差別的かつ安定的な貿易環境の構築を強調した主要20カ国・地域(G20)首脳会議の共同声明が採択された」と説明。「その趣旨に合致しない措置で、日本自らがこれまで培ってきた国際的な信頼を損ねるのではないかと憂慮される」と指摘した。

 また、「韓国は輸出規模が6000億ドル(約65兆円)、日本は7000億ドルを超える国として、両国は経済領域で相互協力に基づいて自由貿易体制の模範を示したが、今回の措置は韓日の互恵的な経済協力関係の根幹を揺るがしかねない」とした。

 その上で、「韓日関係を超え、グローバル・バリューチェーン(GVC)構造をさらに弱める要因となり、世界経済の成長を制約しないか憂慮される」と強調した。

kimchiboxs@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。