Go to Contents Go to Navigation

韓国 けさのニュース(7月18日)

記事一覧 2019.07.18 10:16

◇文大統領と与野党代表 日本の対韓輸出規制巡りきょう会合

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日、与野党5党の代表を青瓦台(大統領府)に招いて約1年4カ月ぶりに会合を開き、日本が韓国に対する輸出規制を強化した問題などについて議論する。与野党は日本の輸出規制措置が不当だという点で一致しており、会合では文大統領と与野党代表間の超党派的な協力内容を盛り込んだ合意文が発表される可能性がある。

文大統領(左)と与野党5党の代表が会合を開く(コラージュ)=(聯合ニュース)

◇輸出規制品目生産の日本企業 大多数が韓国に工場

 日本政府による対韓輸出規制の対象となる半導体材料など3品目を生産する企業の多くが、合弁または子会社の形態で韓国に生産工場を置いていることが分かった。一方で、原料を日本から持ち込んだり主要品目は日本国内の工場で生産したりするなど、技術流出の防止を徹底していると伝えられた。さらに、これらの企業の相当数は100年以上の歴史を持ち、3品目についても数十年にわたりノウハウを蓄積してきたとされ、韓国政府と企業の中長期的対策の必要性が指摘されている。

◇韓米日協力促す決議案 米下院を通過 

 韓米日3カ国協力の重要性を強調する決議案が17日(米東部時間)、米上院に続いて米下院外交委員会でも通過した。決議案には上院と同様に「米国の外交・経済・安全保障上の利益」のための建設的で未来志向的な韓日関係構築を促す内容が盛り込まれた。対韓輸出規制強化など日本の経済報復により韓日の溝が深まる中、今月末には韓米日3カ国の国会議員が会合を開くなど、韓日対立の解決策を模索するために活発な動きが展開されている。

◇南部に梅雨空広がる 首都圏はにわか雨

 18日の天気は全国的に曇りで、忠清道と南部地方、済州島で雨が降るほか、ソウル・京畿道、江原道でもにわか雨が降りそうだ。19日までの予想降水量は全羅道と慶尚道(慶尚北道北部を除く)で50~150ミリ、全羅南道の南海岸、慶尚南道の海岸部、智異山付近で250ミリ以上、済州島山間部で150ミリ以上など。粒子状物質(PM)の濃度は首都圏、忠清南道で「悪い」(高い)、その他の地域では「良い」(低い)~「普通」レベルと予想される。

◇性接待疑惑でBIGBANG事務所創業者を立件 韓国警察

 ソウル地方警察庁広域捜査隊は17日、BIGBANG(ビッグバン)らが所属する大手芸能事務所、YGエンターテインメントの創業者で、代表プロデューサーを先ごろ退いた梁鉉錫(ヤン・ヒョンソク)氏(49)について、性売買あっせんなどの行為の処罰に関する法律違反の容疑で立件したと発表した。梁氏は2014年7月、ソウル市内の高級飲食店で外国人資産家を接待した際に遊興酒店(キャバクラやラウンジ)で働く女性を動員した疑いがもたれている。

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。