Go to Contents Go to Navigation

日本とのあつれき 輸入先の多様化など強調=韓国首相

記事一覧 2019.07.18 09:48

【ビシケク聯合ニュース】中央アジアのキルギスを訪問している韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は17日(現地時間)、首都ビシケクで在外韓国人経済団体、世界韓人貿易協会(World-OKTA)の催しに出席し、「今、われわれの貿易環境は次第に困難になろうとしている。輸出の主力産業が難局にぶち当たった」と述べ、韓国経済への懸念を示した。

World-OKTAの会合であいさつする李首相=17日、ビシケク(聯合ニュース)

 李氏は世界経済の減速と保護主義の拡大、特に米中貿易摩擦の影響と韓日間の経済問題を挙げながら、「こうしたすべての流れが、輸出に大きく依存する韓国経済に重大なリスクとして作用している」と指摘した。

 また、「われわれの輸出構造にも課題が多い」とし、「全体の輸出額の半分以上が五つの貿易相手国に集中しており、輸出商品も半導体、自動車、船舶などに偏って久しい」と説明。「従来の主力産業を高度化する一方で新産業を興さなければならない」と強調した。あわせて「輸出品目と輸出先を多様化し、素材・部品・装備の国産化を急ぎ、輸入先も広げる必要がある」と述べた。

 李氏は「目標の速やかな達成は難しいが、それでもわれわれが進むべき道であり、実際に進んでいる」と述べた。

mgk1202@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。