Go to Contents Go to Navigation

来週訪日予定のボルトン氏 訪韓も検討=韓日対立解消へ役割担う?

記事一覧 2019.07.18 16:14

【ソウル聯合ニュース】米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、来週に韓国と日本を訪問する可能性があることが分かった。韓国外交部の当局者が18日、「韓米当局がボルトン氏の訪韓について協議している」と伝えた。

ボルトン氏=(AFP=聯合ニュース)

 読売新聞など日本メディアはボルトン氏が来週日本を訪問する予定だと報じており、韓米はこれを機に韓国への訪問も推進していると伝えられた。

 訪韓が実現すれば、トランプ米大統領に随行する形ではなく単独での訪韓としては就任後初めてとなる。

 韓国と日本を続けて訪問することになれば、日本による対韓輸出規制強化を受け、両国の対立が激化している状況を踏まえた動きということもあり得る。

 これに関連し、韓国を訪れている米国務省のスティルウェル次官補(東アジア・太平洋担当)は17日、記者団に対して「米国は近い友人かつ同盟国として、(韓日対立の)解決に向けた努力を支援する」と述べた。

 このほか、ポッティンジャー国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長もボルトン氏とは別に日本と韓国を訪問する可能性が取り沙汰されている。

ynhrm@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。