Go to Contents Go to Navigation

ソウル・日本大使館前の乗用車出火 車内の男性死亡

記事一覧 2019.07.19 16:46

【ソウル聯合ニュース】ソウル市鍾路区にある日本大使館が入ったビルの前で19日未明、止まっていた乗用車から出火した事件で、車内にいた70代の男性1人が死亡した。

当時の現場の様子(鍾路消防署提供、転載・転用禁止)=(聯合ニュース)

 警察と消防当局によると、男性は運転してきた乗用車をビルの玄関前の歩道に止めた後、車内で火をつけたようだ。車内からはブタンガスやガソリンなどの引火性の高い物質が見つかった。

 火は約10分後に消し止められた。男性は上半身にやけどを負い、近くの病院に搬送されたが同日午後、死亡した。

 警察によると、男性は知人から前日借りた車で事故現場まで来た。男性は移動中に知人との電話で「日本に対する反感があり火を付ける」と話したという。男性の遺族は、男性の義父が日本による植民地時代に強制徴用されたと話しているという。

 警察と消防当局は付近の防犯カメラの映像やビルの関係者など目撃者の証言、鑑識などから出火の経緯と動機を調べている。

hjc@yna.co.kr

キーワード
注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。