Go to Contents Go to Navigation

韓国外交部「河野氏の態度こそ無礼」 不適切を指摘し遺憾表明

記事一覧 2019.07.19 19:21

【ソウル聯合ニュース】日本の河野太郎外相が19日、韓日請求権協定に基づく仲裁委員会の設置に韓国が応じなかったことを受けて南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使を外務省に呼び「極めて無礼」などと抗議したことについて、外交部当局者は同日、河野氏の態度こそ無礼だったとし、面談終了後に日本側に対し河野氏の態度が不適切だったことを指摘し遺憾を表明したと伝えた。

南官杓大使(右端)と河野太郎外相=19日、東京(聯合ニュース)

 日本側に遺憾の意を伝えたのは、在日韓国大使館の金敬翰(キム・ギョンハン)次席公使で、南大使の指示によるものとみられる。

 河野氏はメディアに公開された冒頭発言で、日本側が回答期限としていた18日までに韓国が仲裁委設置に応じなかったことは「非常に残念だ」と述べ、韓国が国際法に違反した状態を野放しにしていることは問題だとして是正を求めた。また、「韓国政府が今行っていることは第2次世界大戦後の国際秩序を根底から覆すものに等しい」と批判した。

 これに対し南氏は、河野氏の発言を韓国政府に伝えるとした上で、韓国政府が強制徴用訴訟問題の解決に向け、韓日の企業の拠出金で徴用被害者に慰謝料を支払う案を日本側に提示したことに言及。すると河野氏は「ちょっと待ってください」と南氏の発言をさえぎり、韓国側の提案は国際法違反の状態を是正する解決方法にならないことは以前に伝えており、それを知らないふりをして改めて提案するのは「極めて無礼だ」と強く非難した。

yugiri@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。