Go to Contents Go to Navigation

光州世界水泳 韓国大統領府高官ら現場へ=応援で大会盛り上げ

記事一覧 2019.07.21 15:23

【ソウル聯合ニュース】韓国南西部・光州で開催中の水泳世界選手権を盛り上げようと、青瓦台(大統領府)関係者が応援に駆けつける。

 青瓦台によると、高ミン廷(コ・ミンジョン)報道官らは22日午後、応援のため光州に向かう予定だ。業務に支障がないよう、当日午後に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰する首席秘書官・補佐官会議に出席してから、光州に向かい、同日夜の競泳女子100メートル平泳ぎなどを応援する。

光州世界水泳の開会を宣言する文大統領=12日、光州(聯合ニュース)

 チョ国(チョ・グク)民情首席秘書官や金淵明(キム・ヨンミョン)社会首席秘書官らも今週中に応援のため、光州を訪れるという。

 青瓦台の関係者がスポーツ大会の応援に訪れるのは異例。背景には文大統領の勧めがあった。文大統領は先ごろ、「時間のある方は現場で応援してほしい。青瓦台から参加する姿勢を見せれば」と呼びかけたとされる。

 青瓦台関係者は「水泳の世界選手権は大きなイベントなのに地方で開かれているためか、国民の関心がやや低い。大会を知らせ、盛り上げるため青瓦台の参謀たちが現場で応援する予定」と説明した。

 大会は今月28日までの17日間、光州市と全羅南道・麗水一帯で行われ、6競技、76種目で熱戦が繰り広げられる。過去最大規模となる194カ国・地域の2639人の選手がエントリーしている。

csi@yna.co.kr

注目キーワード
スクラップの多い記事
more
more
ホーム ページのトップへ
情報をお寄せください
聯合ニュース日本語版では、イベントの開催告知、取材案内、韓国関連企業のプレスリリースなどの情報をお待ちしております。お寄せいただいた情報は、担当者が検討の上、ご紹介させていただきます。